木質ペレット燃料について、よくある質問と回答をまとめてみました。

Q.木質ペレット燃料の特徴を教えてください。

木材を乾燥・圧縮した木質ペレット燃料は、薪など他の木質燃料に比べて、品質が均質、発生する熱量が高い、運搬・貯蔵面で有利、などの特徴があります。

また、形状がペレットストーブペレットボイラでの運転の自動化、効率的な燃焼コントロールが可能な為、煙・灰・煤(スス)の発生が少ないという特徴があります。

ガスや灯油などの化石燃料とは異なり、漏えい・爆発の危険性がないので燃料補給が容易です。もちろん、木質ペレット燃料再生可能なリサイクルエネルギーですので、環境配慮性で圧倒的に優位です。

↑頁の先頭へ戻る

Q.木質ペレット燃料が環境にやさしいと言われるの理由はなんですか?

木質ペレット燃料は木材のみからできているので、燃やしても有害な物質を一切排出しません。

燃焼時に排出される二酸化炭素は、樹木が成長する時に吸収した二酸化炭素を還元しているだけです。使った分の樹木分を植林することで排出された二酸化炭素は再び樹木に吸収されることになりますので、 化石燃料を使った場合と異なり、地上の二酸化炭素の総量に変化を与えません。(カーボンフリーカーボンニュートラル

↑頁の先頭へ戻る

Q.種類によってなにが違うのですか?

木質ペレット燃料は原材料として樹木のどの部分を利用するかで次のように大別されます。しかし、原材料の樹木の種類はペレットの製造施設により異なります。

ホワイトペレット
樹皮を取除いた木質部のみから作ったペレットです。
灰の量は最も少ない
全木ペレット(混合ペレット)
樹皮と木質部を分離せず樹木全体から作ったペレットです。
バークペレット
樹皮だけから作ったペレットです。
比較的、灰の量が多い

↑頁の先頭へ戻る

Q.木を伐採することは、自然破壊になるのでは?

原材料となる木材は、計画的に植林された樹木を育てる過程で発生する間伐材や、製材時に発生すおが屑・端材です。 これらを材料に利用することは、むしろ森林資源の有効利用になります。

間伐についての解説はこちらを参考にしてください。
なぜ間伐が必要なのか?(環境goo)

↑頁の先頭へ戻る

Q.完全にカーボンフリーなのですか?

木質ペレット燃料自体はカーボンフリーなのですが、樹木の生産過程、木質ペレット燃料の製造過程、運送などの過程で化石燃料に由来するエネルギーが使われています。

しかし、乾燥など一部の工程ではバイオマス燃料への切替えを進めている工場もありますし、バイオディーゼルをはじめとしたバイオマス燃料の普及に伴い、製造、運送過程での化石燃料への依存を少なくする事も可能と思われます。

↑頁の先頭へ戻る

Q.接着材などで固めているのではないのですか?

弊社で取扱っている木質ペレット燃料は添加物などは一切使用していません。

木質ペレット燃料は、木材の主成分であるリグニンと呼ばれる成分が圧縮時に融け接着材の代わりを果たします。

↑頁の先頭へ戻る

Q.保管する際に注意する点などがありますか?

湿気に対する耐性はありますが、水濡れにはご注意下さい。

水を扱う場所での保管は避け、安定した温度で、雨風が直接当たらない様に保管して下さい。
開封状態でも、1ヶ月位は問題なくご使用できます。

↑頁の先頭へ戻る

Q.灰の処理はどの様にしたら良いですか?

灰の主成分はカルシウムです。
カリ肥料として植物に与えると根幹が強くなる効果があります。
また、アルカリ性であるため、酸性土壌の改良材としてもご利用できます。

これらに利用できない場合は、お住まいの市区町村条例に従い捨てる事ができます。

↑頁の先頭へ戻る

Q.ストーブにはどの種類のペレット燃料でも使えますか?

機種により使える種類が異なります。

また、燃料のメーカー等を変える場合にもご注意が必要ですので、ご相談下さい。 ペレットストーブは、使用する燃料の種類、形状に合わせて最適な燃焼が行えるように調整が必要です。

↑頁の先頭へ戻る

Q.子供や動物が口にしてしまった場合は?

万が一口にしてしまっても、木材を食べたと同じことですので害はありません。
食用用途ではありませんので食べないで下さい。

誤って喉に詰まらせたりしないように、小さなお子様の手の届かない場所に保管してください。

↑頁の先頭へ戻る

Q.1袋何kgで売っていますか?

弊社取扱商品は1袋10kgです。

↑頁の先頭へ戻る

Q.猫のトイレ用の砂みたいですが・・・

トイレ用としてもご利用いただけます。
逆に、トイレ用の物は燃料としては絶対に使わないで下さい。添加物や接着剤を含む製品の場合、燃焼時に有毒なガスが発生する可能性もあり、危険です。

また、肥料にも似た様な形状の商品がありますのでご注意ください。
他の燃料に変える場合にも、最適な燃焼になるように調整が必要ですので、ご注意ください。

↑頁の先頭へ戻る

お問合せ